背景2


々、技術発展を続けている真空技術について情報提供いたします。

2013年真空展「真空機器今昔コーナー」より