1.真空の歴史とその発展

1643年にトリチェリ(伊)が水銀気圧計で真空を発見し、1648年パスカルにより大気圧が証明されました。その後人類は真空というものを作ること、利用することに興味を覚え究極の真空を追い求めてきました。科学から発展した真空技術はやがて電気や金属、光学などの技術/学術の発展に伴い多くの産業に用いられる基盤技術へと発展し、21世紀の高度化社会を支えるに至りました。
20世紀初めの頃、実用的には電球や電子管の排気、真空整流器の内部を真空にするための排気などに用いられ、その後金属材料の精錬、医薬品の製造、化学製品の蒸留、食品の製造や保存、製紙の乾燥、印刷機械の紙の搬送、電子部品の製造、半導体の製造、液晶表示装置の製造、太陽電池の製造、電機部品の製造、自動車部品の製造、各種製造機械の真空排気、陶器やガラスの成形、土木工事現場の減圧排気、公害処理、環境計測器、高原野菜の急速冷却、木材の乾燥、剥製の製造、繊維の製造などとても幅広い分野で発展してきました。 科学面では表面科学、表面分析、材料解析、素粒子科学、核融合、科学実験機器など幅広い分野で用いられてきました。

バインダー1_ページ_15バインダー1_ページ_14

 

1600年代
1960年代歴史

1700年代
1970年代歴史
1800年代
1800年代歴史

1900年~1945年

1900~45歴史

 1946年~1984年

1945~1984歴史

1985年~

1985~歴史