背景2


平成29年度真空技術者資格認定試験及び資格更新手続きのお知らせ

一般社団法人日本真空学会・日本真空工業会

真空技術者資格認定委員会

 一般社団法人日本真空学会と日本真空工業会とは,真空に関する技術の質を高めるため,平成15年度から共同で真空技術者の資格認定を行っています.これはQualification Program of Vacuum Engineersとして国際真空科学技術連合(IUVSTA)の理事会に報告,了承を得た事業です.

資格には次の3段階があります.

(1)真空主任技術者(Chief Vacuum Engineer):真空科学について十分な知識を持ち,真空システムの設計と管理についての専門知識を有する者
1級真空技術者の資格取得後,4年以上の実務経験を積むことが受験申請の条件となっています.審査により認定します.

(2) 1級真空技術者(Senior Vacuum Engineer):真空科学と技術について高度の専門知識を有する者

(3) 2級真空技術者(Vacuum Engineer):真空の技術について基礎的な知識を有する者

 1級および2級の資格は,資格認定委員会が実施する試験において出題30問中20問以上の正解をした者に付与します.

資格の有効期間や申請方法は次のとおりです.

[資格認定期間]  4年.更新は申し出により審査の上,新しい資格認定証を発行いたします.

[受験料]  10,000円  [更新料]  5,000円 (消費税を含む)

[受験・更新申請]

真空主任技術者の申請は事務局宛に申請用紙をご請求ください.

1級,2級の受験および資格更新は別紙申込書にご記入いただき,写真を貼付し事務局宛にお送りください.

各種申込書は日本真空学会ホームページ 平成29年度真空技術者資格認定試験 からダウンロードすることもできます.

申込書受付後に,受験票及び請求書を送付いたします.

受験と更新は申請受付期間が異なりますので,ご注意ください.

 今年のスケジュールは次のとおりです.

  真空主任技術者

受験申請受付:5月10日(水)~6月20日(火)必着

合否通知  :10月下旬 (予定) 受験者宛に連絡

対象者   :平成25年度(2013年・第11回)までに1級を取得した方

  151級,2級真空技術者資格認定試験

資格認定試験:11月11日(土) 東京:機械振興会館,大阪:大阪科学技術センター

受験申請受付:9月1日(金)~10月2日(月)必着

合否通知  :11月下旬(予定) 受験者宛に連絡

  資格更新

更新申請受付:9月1日(金)~11月6日(月) 必着

対象者   : 平成25年度(2013年・第11回) 真空主任技術者認定者,1級,2級合格者

                           平成21年度(2009年・第7回) 真空主任技術者認定者,1級,2級合格者で平成25年度(2013年)に更新手続きをした方

                        平成17年度(2005年・第3回)1級,2級合格者で平成25年度(2013年)に更新手続きをした

資格認定者には,日本真空学会会長,日本真空工業会会長が連名で,認定証及び顔写真入のカード型携帯認定証を発行します.資格を名刺等に記載することは何ら問題がありません.

 なお,1級の受験希望者は原則として,日本真空学会が開催する真空夏季大学,2級の受験希望者は日本真空工業会が開催する真空ウォーキングコース,または日本真空学会関西支部が開催する真空技術基礎講習会への参加が期待されています.試験の問題は,それぞれの講習会で使用したテキスト,参考資料ならびに講義内容をベースに作成されます.

 上記の認定試験,更新ならびに講習会については,主催者にお問い合わせ下さい.

☆申し込み・問い合わせ先:一般社団法人日本真空学会 真空技術者資格認定委員会事務局

             〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8機械振興会館306号室

             TEL: 03-3431-4395  FAX: 03-3433-5371

 E-mail: ofc-vsj@vacuum-jp.org ホームページ: http://www.vacuum-jp.org/

☆講習会         真空夏季大学 主催者 一般社団法人日本真空学会(TEL: 03-3431-4395)

       真空ウォーキングコース 主催者 日本真空工業会(TEL: 03-3459-1228)

       真空技術基礎講習会   主催者 一般社団法人日本真空学会関西支部,日本真空工業会関西支部,一般社団法人大阪府技術協会(TEL: 0725-53-2329)