背景2


U字管を用いる液柱差真空計。[JISより]

U字管真空計 (液柱差真空計)

英文名 : U-tube manometer (Liquid level manometer)

[構造・原理]

ガラス製のU字管の一方の端を真空に排気して封じた差圧計で、液柱の高さの差から気体の圧力を直接測ることのできる絶対圧計。作動液は通常比重の大きな水銀を用いるが、蒸気圧が低いオイルを用いる場合もある。

[特徴]

気体の種類に影響されることなく、圧力を絶対測定できるため、他の真空計の校正基準として用いられる。一方、温度や重力の影響を受けるため、補正が必要である。また、毛管現象のために作動液面が曲面になるため、液柱差の読みには注意が必要である。

U字管真空計

« Back to Glossary Index