背景2


レーザのような単色光を物質に当てると分子内の原子の振動に起因する微弱光が出てくる。これをラマン効果と呼び、この光を分光することで物質の同定や品質の善し悪しが評価できる。

« Back to Glossary Index