背景2


結晶方位は同じだが格子定数の異なる結晶を接触させると、界面では配列の食い違っている部分は、結晶中の転位と似ている。これを言う。蒸着したときによくできる。

« Back to Glossary Index