背景2


水銀柱を移動することによって気体を圧縮し、その気体の圧力を液柱差によって求める圧縮真空計。[JISより]

マクラウド真空計 (圧縮真空計)

英文名 : McLeod Gauge (Compression gauge)

[構造・原理]

気体を正確な倍率で水銀を用いて圧縮し、液面の差から圧力を測定し、ボイルの法則で元の圧力を求める真空計で、圧縮比を高めれば、10-3Pa台まで測定することができる。
[特徴]

基本物理量の測定から全圧が測定できるため、真空計の校正基準器として使われてきている。 しかし、凝縮性の気体の計算できないこと、また、構造が、複雑で測定に熟練を要し、さらに連続的に測定できないことから、現場計器として用いることは難しい。

マクラウド真空計

« Back to Glossary Index