高速で噴出する作動流体の巻込み作用によって気体輸送を行う運動量輸送式真空ポンプ。粘性流又は中間流領域で有効に作動する。[JISより]

名称:スチームエジェクタ、水エジェクタ、エアエジェクタ

英文名:vapor jet vacuum pump,liquid jet vacuum pump,gas jet vacuum pump

通称:ジェットポンプ、エジェクタポンプ

排気原理:ノズルより噴射される高速作動(駆動)流体が吸気口よりの流体に運動量を与え、流体移送及び圧力上昇を行い、真空を発生させる。作動流体に水蒸気を使用するものをスチーム(蒸気)エジェクタと呼ばれ代表的なポンプ。作動流体に水を用いたものは水エジェクタという。

長所:運動する部分がなく構造が簡単。ダストなどを吸引しても真空排気に支障がない。

短所:エネルギ効率が低い。比較的エネルギ効率のよいスチームエジェクタでも5段直結で吸入圧力は、10Pa程度。

用途:鋼の真空脱ガス装置、蒸留装置、重合装置

エジェクターポンプ

名称:アスピレータ

英文名:aspirator

通称:エジェクタ、水流ジェット、エアエジェクタ

排気原理:基本的にはエジェクタと同じ原理を用いている。この種の装置は非常に小型で、化学実験室、各種装置の小型真空源などに使われている。下図に示したものは水道の蛇口から水を接続し、減圧を必要とする機器に吸気口をゴムホース等で接続し水を流すだけで吸気が出来る。排気速度は水の流速による。作動流体は水の他高圧エア等、アスピレータはガラス製、金属製、樹脂製等様々である。圧力は数kPa程度。

長所:手軽で安価な真空源として使える。

短所:高い真空は得られない。水を使う場合は水量が無駄になるので循環型が必要。

用途:吸引濾過、減圧脱気、減圧脱臭、減圧脱泡、上澄み吸引除去、各種機械や機器の真空源

アシュプレーたー

 

 

 

 

 

 

« Back to Glossary Index