背景2


電極間の放電電流を増していったときの最終的な放電形式。電極材料の一部が蒸発して気体になった状態。電極近くでは細く、中央部でふくらんでいる円弧状のプラズマ状態からアークと名付けられた。

« Back to Glossary Index