背景2


JISやISO規格等の真空関連規格の見直しや新たな規格を、日本真空学会との合同委員会『規格標準合同検討委員会』で検討し、日本規格協会、ISO当局に提案して真空関連規格の整備を行っています。

『規格標準小委員会』

真空関連規格の整備を担当し、工業会としての立場で『規格標準合同検討委員会』で検討提案から規格実現までの活動を行っています。

『圧力標準小委員会』

計量法に則り、JCSS制度における登録事業者を早期に擁立することと、真空標準の普及とを目的とし、『規格標準合同検討委員会』の圧力標準WGとしてその活動を行っています。