技術委員会は次世代の真空関連技術の調査を1~2年の短期で行い、その結果を調査報告書にまとめて会員に提供しています。